組織と未来を創るのは
「人」である。

DBS アカデミー代表理事 小川裕正

DBSアカデミーは「組織と未来を創るのは人である」という考えのもと、大光ビルサービスの50周年を機に、これからの50年を一緒に創っていく人財を育成することを目的として設立しました。その目的は単に社内で役立つ人財をつくるという視点だけではなく、幅広い知識と見識、胆識を養うことで、我々が仕事を通じて広く社会に貢献できるようになることを目指すものであり、ひいては業界全体の未来にも貢献することであると考えています。その姿を実現する為には、「自ら変化に挑戦し、永続的な改善・成長のサイクルを創り出すことができる人財」が必要です。このDBSアカデミーで共に学び、絆を育み、成長していくことを通じて、そうした人財の育成を実現していきたいと思います.
DBSアカデミーは大光ビルサービスやグループ会社の社員(パート社員も含めた全従業員)だけでなく、その家族や友人も参加できる前提となっています。また協力会社をはじめ、一般外部の方にも参加していただけるプログラムもありますので、DBSアカデミーに参加することで普段の仕事だけでは得られない人の輪が広がっていくことも大きな魅力の一つであると言えます。
皆さんも是非DBSアカデミーに参加して、楽しみながら新たな可能性に向かって一緒に学んでいきましょう!